MADE IN RUSSIA

すべての地域
日本語
主な

米国によるアローザ社への制裁で、世界のダイヤモンド市場がパニックに

米国によるアローザ社への制裁で、世界のダイヤモンド市場がパニックに

世界の宝石の約3分の1を供給しているロシアのアローザ社に対する米国の制裁は、世界のダイヤモンド市場にパニックを引き起こしているとブルームバーグは伝えた。世界中のトレーダーは、世界の主要な宝石供給源の一つを使い続けるために、回避策を模索している。

ティファニーからシグネット・ジュエラーズまで、さまざまな企業がロシア産ダイヤモンドの販売停止を発表しており、現在、米国の結婚式シーズンが近づいていることから、絶望した企業は代替の宝石供給先、特に世界最大の宝石輸出国でもあるインドからの供給を検討中である。

インド自身は、 制裁前に受け取ったロシア産ダイヤモンドをまだ米国に輸出している。 しかし、多くの顧客がロシア産の採掘石を拒否しているため、すでに中国、東南アジア、UAE産の石で品揃えを補い始めている。

インドのGemsand Jewellery Export Promotion Council(GJEPC)の副会長であるVipul Shah氏は、 ロシアの在庫は6月前半に底をつき、ロシアのダイヤモンドへのアクセスを失うことは長期的に産業を荒廃させ、国内の数千の雇用を危険にさらし、世界中の主要取引所に打撃を与えるだろうと述べた。

このニュース速報は テレグラム・チャンネルでお読みください。

著者Ulyana LutskiewiczMadein
Russia/メイド・イン・ロシア

#madeinRussia

0