MADE IN RUSSIA

すべての地域
日本語
輸入代替品

ヤロスラブリのアパレルメーカー、縫製量の増加に着手

ヤロスラブリのアパレルメーカー、縫製量の増加に着手
婦人服、紳士服、子供服の仕立てを行うガヴリロフ・ヤムスキー社は、輸入代替のために生産量の増加を始めている。ロシア連邦産業貿易省のプレスサービスによると、制裁前は月に最大2,000着を生産していたが、現在は約2,800着を生産しているという。

国産やトルコ産の生地で物を縫製している。同社の経営陣は、供給に問題はないとしている。同庁によると、服は国外に出た外国企業のものと同程度の品質だという。

Lokalov」テクノパーク内にある生産施設は、34人を雇用している。現在、同社は従業員を追加募集している。

「製品の需要が増えているので、増産しています。欧米ブランドの大型衣料品店をいくつか閉店したことが、生産の発展に新たな弾みをつけたのです」と、個人事業主のナタリア・マトロソヴァは語っています。

衣料品は、卸売会社やマーケットプレイス、ソーシャルネットワークを通じて販売されています。主な顧客として、「Voentorg」が挙げられます。

私たちの現在のニュースを読む テレグラムチャンネル

著者Ekaterina IvanovaMadein
Russia // メイドインロシア




0